時は金なり

今朝は主人と時間の使い方について少し話し合いました。

不器用なわたしはなかなか段取りよく時間を使いこなせなくっていつもバタバタ。そこに変なこだわりがたくさんくっついてもうてんてこ舞いです。

でも、やっぱりわたしたちはわたしたちのペースで今は進むしかないこと。
今を一生懸命生きること。

わたしにとって唯一家族にしてあげられること、それは食事。
毎朝朝食作りだけで2時間はかかる。
まず、一番大きな土鍋でむすめの離乳食のおかゆをじっくり1時間かけて炊く。
炊き上がったら別の土鍋で、主人とむすこの玄米粥や五分搗き米を炊く。
そしてまた小さな土鍋で一晩つけこんだ昆布だしを使って、季節のお野菜のお味噌汁を作る。
そこに佃煮や漬け物、梅干しを添えるのが吉村家の朝食。

日々の食事が、血となり肉となり心さえも作ってしまう。
だからこそ、やっぱり手を抜けない。
わたしにとって食事作りはとても大切で、子供たちが大きくなって、じぶんの意思で食事を選択する日がくるまで、どんなに強力な毒が入ろうとそれに負けない強い体、基礎をしっかり作ってあげること。

そんな経験をさせてくれる子供たちに心から感謝です。

今日は珍しく片付けが早く終わったので、お昼のおやつをまとめて作っておきました。
ミカンゼリーです。
肺や腸に負担がかからないように、ゼラチンではなく、寒天と葛粉で冷やし固めました。
喜んでくれるかなぁ。

端午の節句

今日は母になって3回目のこどもの日。

1日怒らないと決めました。
睡眠時間を削って朝早く起きても気づけば正午過ぎ。
毎日時間なんてあっという間で、あっという間に1週間、1ヶ月と過ぎていってしまうなぁ。

今日はむすこを喜ばせようとちらし寿司ケーキを作りましたが、冷蔵庫とにらめっこしても、ふさわしい食材がなく、プラス不器用なもので、こいのぼりはみんな緑です。
主人にはこいのぼりとさえも気づいてもらえませんでした。涙


食後には1日寝かしておいた豆腐チーズケーキ。よもぎソースがけ。
酒粕を隠し味に少し加えてみたけど、もうチーズケーキでした。
調子に乗って食べ過ぎたぁ。


夜は菖蒲湯に浸かり、無病息災を願いました。


むすこよ、楽しくて幸せな毎日をありがとう。


さくらんぼの木が実をつけました!
食べ放題です!
あぁ、食べ過ぎ注意〜。

ベジタリアンの食卓

我が家は基本ベジタリアンです。

和歌山にきてからは、近くに新鮮な地魚がお安く売ってるお店があり月に数回食卓に並ぶようになりましたが、お肉、乳製品、お砂糖、小麦粉は使いません。

毎晩仕込む昆布と椎茸のお出汁をベースに野菜だけの食事を家族みんなで楽しんでいます。


ちなみに今晩は朝獲れの新鮮な鰹を自宅前で藁焼きにしていただきました。
スペシャルな毎日に感謝感謝です。

はじめまして

和歌山に引っ越して1ヶ月半。

世の中がどんどん便利になっていくなか、どんどん逆方向に突っ走っています。
電気炊飯器や紙おむつ、化学製品やシャンプーリンス、電子レンジなんてもう6年は使っていません。
日々色々なものとお別れをして、面倒ではあるけれど手をかけ時間をかけやっています。

安住の地に選んだ和歌山。
ここではどんなことができるやろう。
とにかく毎日が特別で毎日がスペシャル〜。