1歳のお誕生日

娘が1歳になりました。

体調を崩したり心を崩したり、引っ越しをしたり、何かとバタバタ忙しくすごしていた中、彼女は強くたくましく育っていました。

「スルリと産まれてきてね!」
陣痛に耐えながらお願いしていたら、ほんとうにスルリと産まれてきてくれた母親想いの優しい赤ちゃん。
あれから一年。
子どもの成長はあっという間で、なかなか構ってあげれなかったことを後悔しながら目も心も離せない大切な時間を過ごさせてもらっています。

はじめてケーキを食べる娘のために、甘味料は米飴だけを使い優しいケーキを作りました。


朝、主人が畑から採ってきてくれた苺と、庭に咲いていた可愛いお花とミントで飾り付け。
気に入ってくれたようで作った甲斐がありました。

可愛い可愛い可愛い可愛い娘ちゃん。
いつまでも赤ちゃんでいてほしいと思ったりすくすくと育ってほしいと思ったり。
いつか離れてしまうその時まで、精一杯愛を注ごう。



1年前の今日。
産まれてはじめて撮った家族写真。


1年後の今日。
毎年撮りためよう。



喜雨

新緑の季節。
山が青々と瑞々しく輝きだし、枯れていた土に水が入り田植えが始まりました。
朝から晩までカエルの合唱団の歌声が響いています。

草刈機には頼らず手作業で草を刈り、作物の肥料にする。
それだけで1日はあっという間で気づけばもう5月も終わりなんですね。

先日、シャンティファーム初のお野菜の収穫をしました!

小松菜ちゃんです。後はルッコラも。

採りたてをいただく。
なんて贅沢なのでしょうか。。
スーパーに並んでいるものと比べ物にならないくらい可愛くて美味しかった。
大切な命です。

もうすぐやってくる娘の誕生日のケーキ用に、これまた採れたて苺でジャムを作りました。
苺と少しのお塩で甘みを引き出しました。お砂糖なんてなくても自然の苺はとっても甘いです。

子どもたちには素材の持つ素晴らしい味や優しさ、強さを知ってほしい。なので極力調味料には頼らず素材のサポートを少しさせていただく程度。
何にでも当てはまるような気がします。


田舎暮らしをはじめて改めて思うこと。
地球に住む、日本に住む、ひとりの人間として。
ほんとうの豊かとは何なのでしょうか。
田舎者、田舎っぺ、なんて言葉がありますが、ほんとうの田舎者とは?
わたしは都会で物にあふれ、物に頼り、飽食をしている人たちのことのような気がします。

まだまだ知らないことばかり!
日々精進です!

最近の夕食。

地元産の黒ムツをせいろ蒸しにしました。
美味しかった〜。

主人が焼いてくれたパン。


庭のお花を入れて作った花氷。


そしてそして、大蛇に遭遇しました!
その翌日、キッチンに立っていると物音がして窓を覗くと蛇3匹!

調べると毒ヘビではなく、愛すべき蛇なんだそう。
慣れですよね、慣れ。。

日々

先日4周年目の結婚記念日を迎えました。
行きたかったDIDIでランチをして



むすこが楽しみにしていた場所に行ったり



そして夜は大好きな庵さんで精進コースをいただきました。




もっともっとありましたが食べるのに夢中で撮り忘れです^^;

主人にはいつもありがとうです。
毎日一緒にいるので普通の夫婦に比べたらもう何年分も一緒に時間を過ごしていますが、一向に飽きないし嫌いにならない。笑
それもこれもぜんぶ、主人のおかげです。
ありがとう。


最近の日々。
畑の苺が実をつけていました!



甘くて美味しかった〜。

最近は野草料理をお休みしてたので、再び☆彡

ほうれん草とヨモギの米粉パスタとわさび菜とタンポポの葉、明日葉、清見オレンジのサラダ。



薬やお茶に使う用のヨモギを天日干し。



5月〜のヨモギはアクも強くなってるので、木灰でしっかりアク抜きしていただきます。
重曹でのアク抜きは×ですよ!

お味噌汁



わたしは、一杯のお味噌汁の効力を知っている…。

こう書くとなんとも不気味な感じがしますが、たった一杯のお味噌汁で体調や心さえも操れます。

たくさんの日々の実験を重ね、今ほんとうにそう思います。
うちには常に7、8種類のお味噌を常備していて、その日の家族の体調や気候に合わせて調合しています。

だからこそ、化学調味料の入った粉末だしやお味噌を使いたくない。
アミノ酸の入ったお味噌汁は確かに美味しいと感じるかもしれない。
でも、せっかくのお味噌の薬効が崩され破壊され、体には害でしかないこと。。

それくらい、お味噌には重きを置いてほしいものです。

お味噌を学ぶとほんとうに面白く、クヨクヨメソメソな時は陽性な豆味噌をとってみる。でも女性が毎日取り入れてると体つきや心まで男性的になってしまうといわれています。
徳川家康や数々の戦国武将も常に飲んでいたとか。
戦に向かう時も豆味噌を常備していたそうです。それくらい強いお味噌で、我が家では出番がなかなかありませんが主人の体調をみつつちょこちょこ登場。

わたしの師とする先生も、ちょうどお味噌についてこんなことを書かれていました。

「味噌スープをはじめとする、塩気・発酵調味料を使ったスープからはじまることで、唾液の分泌がよくなり、胃腸が活動を始め、消化がよくなります。消化不良のものが体内に蓄積しなくなり、生活習慣予防、様々な疾患や痛みだるさの予防になります。食事はスープから、を基本にしましょう。
血流がよくなると、顔色もよくなりますよ。視ることは血液をいっぱい使います。パソコンワークが多い人も、造血に役立つ味噌スープや、消化をよくして、血液が目に届くことがすごく大事です。」

それとは別に、わたしの実験のご報告。
江本勝さんの著書「水は答えを知っている」を思い出し先日水の状態からお味噌を溶いて完成するまで、マントラを聞きながらいい気を念で送り続けてみました。

そして、主人に今日のお味噌汁どう?
と何気に聞いてみたのです。
そしたら、なんか濃くて美味しい!味噌汁というよりなんか今日はスープになってる!と言っていましたが、わたしは実験の為にワザと出汁を水で薄め、お味噌も少量のあまり美味しくないお味噌汁を作っていたのでした。

信じるか信じないかはあなた次第!

とりあえず実験大成功?(^^)v

早起きは三文の徳

珍しく目覚ましより早く5時台に目が覚めました。

キッチンにくると特大の蜘蛛がいた。
でも寝ぼけてたからかあまり気にならずいつものように朝食の準備に取りかかれた。
15cmクラスのムカデを何度も目撃したからか、それ以下の虫はあまり気にならなくなったみたいです。

もう少ししたら朝日が差し込む最高の時間。


昨日の夕食。
主人が食べたがっていたハヤシライス。
なかなか無添加で動物性フリーのものがないので、ルゥから手作り。


とろみは小麦粉ではなく玄米粉で油も控えてほぼ使ってません。
そら豆入りでとっても美味しかったです。


目標や夢がより明確になってきてるけど、実力が全然足りない、、。
まだまだもっともっと勉強がしたい!
頑張ります!